06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

Vue 10 ちょこちょこ触ってます

2012年 09月17日 00:01 (月)

 シーンを作るのはもちろん思い通りには行かず難しいです
 でも、それ以上にライティングと大気の設定が難しい!
 いまのところ大気の設定が一番の難関だと思います。
 ゲームの難易度風にいえばハードとかルナティックとかACEどころじゃなくイメージファイト二周目の補習ステージに鬼畜弾幕と大量の打ち返し弾を加えたぐらい難しく感じる(こんな表現しかできなくてすいません)。
 大気とライティング設定のコツさえ掴めればかなり進歩できそうな気がするんですが、この手の設定には3DCGを始めてから今までずーーーーーーっと悩んでいます。
 Vue10だけでなく他のソフトでも満足できるライティングができたことってあるだろうか……

 とりあえずなんとか作った絵を放出。
 基本的にレンダリング後に色調やコントラストを少しだけ調整しています。
 あと、画像を500kb以内に収めるためかなり画質を落としてあります。
 落とすくらいなら縮小したほうが良かった気がします。
 わけのわからない言葉が多いと思いますが読み飛ばしてください。

Dragon's nest モーションブラーテスト
 Dragon's nest
 メタブロブとディスプレイスメントマップのテストに作りました。
 ディスプレイスメントマップというのは見せ掛けじゃなく本当に凹凸をつける機能のことです。
 32bitマシンでこんなディスプレイスメントマップを設定したら一発でフリーズしてたけど64bitマシンでは特に問題ありませんでした。

 モーションブラーテスト
 実はZデプス画像を使ってGIMPでモーションブラーをかけました。

ラグーン
 これを作った後に地形の変なシマシマを消す方法に気づいた。
 ……けどもう作った後だから修正すんのめんどい。

針葉樹林

マーズピープルVue10ver
 Vue6で作ったマーズピープルの改作。
 マーズピープルってのはメタルスラッグシリーズに出てくる宇宙人です。

レンズフレア
 
雪の岩山

ファイルサイズが大きいため縮小版 もっさりした風景縮小版 もっさりした風景2縮小版
 モニターの解像度が1920x1080なので、せっかくだからそのサイズで最終的にレンダリングすることが多いです。
 でもそのサイズだと500kb以内に収められないことも多いので泣く泣くリサイズしました。

 なんというか、木が多いシーンなどはレンダリングした絵がザラザラした感じに見えるのが気になります。
 テクスチャのアンチエイリアスをオンにすると一応ザラザラを軽減できるみたいですが、レンダリング時間も確実に長くなります。
 画質とレンダリング時間はやっぱりトレードオフなのか……

たぶん地球じゃない
 Poserフィギュア取り込み。
 これはテクスチャのアンチエイリアスをオンにしてあります。
 もちろん人間も取り込めるんですけどどうなんだろう、人物はPoserかDSでレンダリングして跡で背景と合成するほうが綺麗な気もするし。



 土日は連休でしたが、明日は仕事です。
 3連休にはならなかった、残念!

 おやすみなさい。
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Vue 10 ちょこちょこ触ってます

2012年09月17日 01:48

う~ん、やはりPoserの "なんちゃって" と比べると隔世の感がありますよね。
木や岩肌のざらつき感などすごくリアル。
ディスプレイスメントマップやノーマルマップなど質感だけでもPoserに取り込めたらなぁ。

でも、これくらいリアルだとDAZフィギュアと馴染ませるのは大変かもしれませんね。

Re: Vue 10 ちょこちょこ触ってます

2012年09月18日 23:16

>>NooN GCA3nAmEさん

実は植物の葉はアルファで抜いてあるだけなのです。
なのであまりにも接近するとボロが出ることがあります……
それでも十分実用に耐えるレベルだとは思いますが。
岩肌は設定しだいで非常にリアルに表現できますよ。
サンプルシーンには写真と言っても通じるくらいリアルな岩のシーンがありました。
でも実際にはなかなかそんな上手に設定できず、試行錯誤を繰り返しています。
今回載せた画像は500kbに収めるためにかなり画質を落としています。
縮小したほうがよかったかも。

Poserはレンダリングエンジン自体が違うので質感を取り込んでもうまくいかないかもしれません。
一度地形を書き出してPoserに取り込んだのですが、半端無いのっぺり感でした。

実はSkinVueというPoser、Genesisフィギュアのマテリアルをリアルにできるプラグインを買ってしまったのです!
確かにかなりリアルな皮膚を表現できてる、ように思います。
少なくとも普通に取り込んだ状態よりは上でした。
これがまあヘタすると謎リニューアル後のDAZ以上の買いにくさでして……
いろいろあってグチしか出てきません。
そのうち書きます。

近いうちにがんばって人間フィギュアを使ったシーンを作りたいです。